青汁で栄養

MENU

10年後の若さのために!青汁でいつまでも若々しく!

またシミが増えたみたい。なんだか肌がたるんできた。昨年はこんなに老けていなかったはず!など鏡を見るたびに老いを感じていませんか。

鏡に映る自分の老け顔にため息をついていませんか

季節や体調で肌のコンディションが変わることはありますが、スキンケアを見直したり睡眠をたっぷりとることで自然に肌が落ち着いてきたという経験がある方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、シミ、たるみ、シワ、毛穴、くすみなどの老いは一度肌に表れてしまうと元に戻すことはかなり難しいのです。

 

もし、今肌に表れている老いを放置していたらどうなるでしょうか。5年後、10年後はさらに老け顔になっていることは容易に想像がつきます。
効果があるのかよくわからないな化粧品や美顔器、高額なボトックス注射やレーザー治療に頼らず、毎日手軽にできることを試してみませんか。

 

肌に表れる老化の原因をおさらいしましょう

肌に表れる老化の主な原因は紫外線です。

  • 紫外線の影響でコラーゲンが破壊されたるみやシワが出来やすくなる
  • 紫外線から肌を守るために過剰に作られたメラニン色素がシミになる
  • 紫外線を浴びると肌の水分が蒸発し肌のうるおいと弾力が失われる
  • 紫外線のダメージで体内に活性酸素が発生し細胞が老化する

この他に間違ったスキンケア(肌に合わない化粧品を使う、ゴシゴシ強くこする等)や偏った食事、ストレスなども肌の老いを加速させます。
しかしながら年間を通して降り注いでいる紫外線の影響は大きく、肌を老けさせる原因ナンバーワンといっても過言ではありません。

 

表情のクセで刻まれる小ジワは年月が経つと真皮まで達する深いシワに進行します。
メイク中、アイカラーやマスカラをつける時に額や目元にシワを寄せている方は要注意!

 

老け顔でも間に合う!青汁でいつまでも若々しく!

今の食生活やスキンケアが5年後、10年後の若さに表れますから、毎日続けられるものをじっくりと試すことが一番の近道です。

 

スキンケアに関しては高価なものが良いというわけではなく、アンチエイジング効果が高いビタミンC誘導体や美白効果が認められているアルブチン、エラグ酸、プラセンタなどの美白成分が確実に配合されているものを選ぶことがポイント。普段から紫外線対策を行うことも忘れてはいけません。

 

私たちの肌は摂取したもので作られていますから体の内側からのケアを要にしたいところ。

そこでおすすめしたいのが青汁です。

 

商品によって異なりますが1日100円前後と金銭的負担が軽く、水に溶かして飲むだけという手軽さが魅力です。

 

 

SOD酵素

青汁の原料としてよく使われる大麦若葉や明日葉などに豊富に含まれています。SOD酵素は強力な抗酸化作用で老いの原因とされる活性酸素を除去します。人間の体内にもSOD酵素はありますが年齢と共に減少するため積極的に取り入れましょう。

 

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートして肌の弾力を保ったり、メラニンが過剰に作られるのをブロックたり出来てしまったシミを還元したりする美白効果が認められています。また優れた抗酸化作用を持つことでも知られています。ケールが主原料の青汁に特に豊富に含まれています。

 

ビタミンE

ビタミンEも抗酸化作用を持つアンチエイジング成分のひとつで体内で発生する活性酸素の増加を食い止ます。血行を促進する効果も併せ持ちます。

クロロフィル

葉物野菜や藻類の葉緑素で抗酸化作用があります。免疫力を高め肌トラブルを改善するといわれています。

 

ルテイン

青い光(蛍光灯やパソコンなど)を吸収し強い抗酸化作用で目の健康を守ります。老化現象による疾患と考えられていた白内障の予防になるとされ研究が進められています。

 

青汁にはこのように若々しく健康でいるために必要な成分が豊富に含まれています。
サプリメントでもこれらの成分摂取することができますが、青汁は様々なビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく摂取できます。

 

青汁を長くじっくり続けることが若々しさを維持する秘訣

老け顔で悩んでいても今すぐ対策を行って10年間の現状維持を目指せば、10年後は若く見られる可能性があります。
青汁を飲むことで若返ることはできません。しかし、若々しさを保つと期待されている成分が豊富な青汁を飲むことで体がイキイキと変化してくるのを実感できれば成功といえるのではないでしょうか。

 

継続は力なり!ぜひ当サイトのランキングを参考に、お気に入りの青汁を見つけて長く青汁習慣を続けてくださいね。

青汁のおすすめランキングはこちら