青汁 成分 カロリー

MENU

青汁に使用される代表的な野菜と野菜に含まれる成分

  • ケール

    ケールはアブラナ科の野菜で、リョクヨウカンラン(緑葉甘藍)、ハゴロモカンラン(羽衣甘藍)とも呼ばれます。栄養価の高い野菜ですが青臭さや独特の苦味があり、あまり食用にはされてなくもっぱら青汁の原料として栽培されています。青汁といえばケールと言われるくらい多くの青汁の原料として使用されます。

  • 大麦若葉

    大麦若葉はイネ科の植物で栄養豊富な葉であることから青汁の原料に多く使われています。ケールのような苦味やクセが少ないので、ケールの味が苦手な方には大麦若葉をブレンドした青汁がおすすめです。

  • 明日葉

    明日葉はセリ科シシウド属の植物です。ややクセがあるため食用にする場合は天ぷらなどにしてよく食べられています。ビタミンB群やミネラルが豊富で、特徴として抗菌作用のあるカルコン類(キサントアンゲロール)やクマリン類を含んでいて薬草としても使われます。

  • ブロッコリー

    ブロッコリーはアブラナ科の野菜でキャベツの一種が品種改良されて作られた野菜です。ビタミンCはキャベツよりも豊富に含まれていて、甘味もあるので味を良くする効果もあって青汁に使われることもあります。

  • モロヘイヤ

    モロヘイヤは北アフリカ原産の植物でカルシウム、カロテン、ビタミンB、ビタミンC、カルシウム、鉄分、食物繊維などを多く含む健康野菜です。

  • 桑葉

    桑の葉は、日本でも古くから薬草として使われています。桑茶として飲まれている地域もあります。最近では桑の葉に桑葉には1-デオキシノジリマイシンが含まれていることがわかり、腸内で糖分解酵素の活性を阻害する働きがあることから血糖値の上昇を抑制する働きが注目されています。

 

 

青汁によく配合される野菜以外の成分

青汁は健康ドリンクとして広く人気がありいろいろな商品が販売されていますが、野菜だけでなく野菜と一緒に摂りたい栄養素を一緒に摂れるように独自に様々な
成分が配合されています。例えば乳酸菌やオリゴ糖を配合してある青汁は、善玉菌を増やしたり腸内環境を整えたい人におすすめです。

 

売れてる青汁 -TOPページへ

青汁に含まれる成分やカロリー記事一覧

青汁は妊活中・妊娠中・出産後の女性におすすめの葉酸や鉄分が豊富!青汁は天然の野菜を原料にしているので栄養素やミネラルも合成成分ではないので、健康にとてもよいことでもしられています。中でもでも葉酸や鉄分といった成分、ミネラルは妊娠を望む妊活中の女性が妊娠中の女性には必須の栄養素です。厚生労働省よると葉酸は1日400μgの摂取が推奨されています。鉄分も血液を作るためには必須の成分ですから、積極的に摂っ...

青汁に含まれるカリウムの働きとはカリウムは体内の塩分(ナトリウム)と深い関係があります。細胞の浸透圧が一定になるように過剰なナトリウムを排出し調節する働き体の中の水分のバランスを調整筋肉の動きをよくするなどが知られています。通常の食生活でカリウムが不足することはあまりありませんが、大量に汗をかく人は汗と一緒にカリウムが失われやすいのでカリウムを意識して撮ることも必要になってきます。カリウムが欠乏す...