青汁 食事置き換え

MENU

青汁を普段の食事に置き換えて1日の摂取カロリーを減らす!

コンビニ弁当がおおむね760kcal、置き換えダイエット専用食品は56kcal〜178kcalと様々。青汁は1杯あたり10〜20kcalですから、1日3食のうち1食を青汁に置き換えることで大幅なカロリーダウンを狙えます。

 

置き換えダイエット専用のドリンクは、穀物などで満腹感が得られやすいようになっていますが青汁だけでは十分な満腹感は得られません。腹持ちを良くしようと、青汁を牛乳で作ると160kcal前後、さらにバナナやヨーグルトを加えると250kcalを軽く超えてしまいます。
置き換えるとしたら夕食を水で作った青汁を夕食の置き換えにし、空腹を感じる前に眠りにつくというような工夫をすることで1日の摂取カロリーを減らすことができます。

 

青汁は栄養バランスがよく食物繊維もたっぷり補給できますが、万能ではありません。青汁だけではたんぱく質や炭水化物が不足しますから、通常の食事では特に栄養バランスに気を配ることがポイントです。

 

置き換えダイエットは一時的に体重を減らすには効果が高いといわれていますが、通常の食事に戻したとたんカロリーオーバーしリバウンドするという失敗が多いダイエットです。置き換えダイエットの後も、食事の前に青汁を飲んで血糖値の上昇を防いだり、お通じのリズムを整えたりして急激なリバウンドを起こさないよう気をつけましょう。

 

青汁を飲むベストなタイミング

関連ページ

青汁は朝?夜?いつ飲むのが効果的?
青汁は、目的によっては朝に青汁を飲んだ方が良い場合と夜飲んだ方がいい場合があります。